女医さんがいる病院で子宮がん検診

女性が心配する病気として、なんといっても乳がんや子宮がんがあります。特に子宮がんは、その症状がわかりにくいので困ることがあるのです。無症状で進行する種類のガンもあるらしく、そのことを思うと、しっかりと予防をすることが大切と思うようになっています。ところが、その子宮がん検診は採血やレントゲンではなく、内診という検診が必要となります。子宮がん検診を受ける人が少ないのは、その内診という検査があるからなんですね。そのため、恥ずかしいので検診を受けることをしないということなのです。
私も子宮がんについて、若い時から気になっていました。それは友人が若いときになってしまったからです。そのことから、他人事ではないと思っているのです。しかしいざ検診を受けようとすると、やっぱりできませんでした。そんな時、女医さんがいる病院を知りそこで受けることにしています。それだったら、同じ女性なので抵抗なく受けることができます。